KONGO
お問合せ・資料請求はこちら
 

お客様の声01   東武デリバリー株式会社


 

本社倉庫を移転・統合
新天地で倉庫・物流サービスのさらなる高みへ

会社情報


会社名:東武デリバリー株式会社
代表者:取締役社長 須澤 広幸
本社所在地:埼玉県さいたま市緑区大門2500
ロジスクエア浦和美園内 地図
従業員:189人
主要事業:一般貨物自動車運送事業/貨物運送取扱業務/倉庫業/流通加工業
 
納入品


免震装置付き丸ハンドル式移動棚

 
 
 インタビュー

話し手:物流本部事業推進部 課長 藤井 誠 様/アーカイブ事業部 部次長 岩倉 猛 様
聞き手:金剛株式会社営業本部販売サポートチーム 吉野 滋記

会社情報、聞き手・話し手の所属・役職、インタビュー内容は取材日当日のものです。

 関東を中心に倉庫・物流サービスを展開する東武デリバリー株式会社様。1982年の営業開始以来、高品質なサービスの開発・提供を重ねて事業を拡大し、各地に拠点を展開してこられました。去る2017年9月、さらなるサービスの向上と効率化を目指して長年慣れ親しんだ東京都足立区から埼玉県さいたま市に本社を移転。翌10月には主要倉庫の機能も同地に統合し業務を開始しました。これにより本社倉庫の規模は従来の2倍に拡大。新しい倉庫は従来のお客様に喜んでいただけているだけでなく、新規のお客様の獲得にも繋がっているといいます。金剛は今回の移転に伴い、免震装置付き丸ハンドル式移動棚を導入いただくとともに、6か月に及ぶ大規模な移転業務に伴走させていただくという貴重な経験をさせていただきました。


―今回、さいたま市の浦和美園に本社・倉庫を移転されました。
この場所を選定されたポイントを教えていただけますでしょうか。

 

 
ポイントはいくつかあります。一つ目は都心からの距離感とアクセスの良さです。災害時の同時被災を免れるために遠隔地で情報や資産を管理するというBCP(事業継続計画)の考え方があります。浦和美園は企業の本社機能が集中する東京都心部から30〜40kmという距離を保ちながらも、東北自動車道の浦和インターチェンジから700mとアクセスが良好ですのでスピーディーな集配送が実現できます。二つ目は自然災害リスクの低さ。内陸部にあるため津波の心配もなく、海抜14メートルという高さにあるので川の氾濫といった水害にも強い立地です。また、株式会社シーアールイー(本社:東京都港区)が運営するこの 「ロジスクエア浦和美園」 は倉庫らしくないスタイリッシュな外観で、間接照明を使用した先進的なデザインの倉庫になっています。社員の作業環境として安全であるだけでなく、見学にお見えになったお客様からも好印象という評価をいただけており、営業の観点からも大変満足しています。

 

―保管サービスは法人向けから個人向けまで、実に多彩なサービスを展開しておられます。
なかでもセキュリティに強みがあるということですが、具体的に教えいただけますか。

 当社では機密文書や、金融機関のバックアップメディア、放送局のVTRなどをお預かりしています。取り扱いを専任のスタッフで行う、ICカードシステムにより入退室管理を厳格に管理する、といった運用面でのセキュリティ確保のほか、ハード面にも当社のノウハウが詰め込まれています。特に磁気メディアは温湿度の変化や物理的な衝撃に敏感ですので保管環境には万全を期しています。倉庫内は通年で磁気メディア長期保存に適した温湿度を保ち、当社オリジナルのセーフティBOXに入れて万が一の衝撃を緩和できるような工夫も施しています。さらに移動棚は金剛製品を採用。地震被害に備えた免震装置付きで、磁気テープに影響が無いようモーターを使わないハンドル式としました。移転前の倉庫でも金剛の移動棚を使用していたのですが、東日本大震災の時には収容物が一つも落下することなく大変助かりました。実際にその性能をこの目で確認しておりましたので、今回の移転でも安心して導入に踏み切った次第です。よくお客様から棚の免震性能について尋ねられることがあるのですが、その場合は金剛のホームページに掲載されている実験動画を見ていただいてご安心いただいています。

―輸送の面でもセキュリティのノウハウがあるとか。

  
 お預かりする品物の集配送は自社の社員、自社の車両で行います。車両は高セキュリティな特装車両です。運転席とコンテナのカギは別々のものとし、部外者による異常操作を検知したらブザーが鳴る仕組みを備えています。さらに、万が一カージャックされた場合でもヘリコプターで上空から追尾できるよう、ボディーの上部には認識番号をペイントしています。自然災害やテロ行為等、潜在化している様々な脅威からお客様のお荷物を安全・確実にお守りするため、あらゆる体制・設備を整備しています。

―保管、集配送だけでなく、機密文書の最終処分サービスまでご提供されているそうですね。
セキュリティと環境にも配慮したエコなサービスと伺いました。

 
 2014年から開始した「機密のとーぶさん」は、おかげさまで好評をいただいております。「機密のとーぶさん」というオリジナルの鍵付きボックスに廃棄文書を投函していただき、弊社乗務員が回収に伺った際に鍵を開けて中身の段ボール箱を封印し、溶解処分場まで運搬するというサービスです。シュレッダーにかけた紙は繊維が裁断されリサイクルが困難という難点がありますが、「機密のとーぶさん」はリサイクルに配慮した処理方法なので、森林資源の保全にも役立ちます。もちろんシュレッダーを設置することで生じるランニングコストと比較して安価というコスト面でのメリットもあり、お客様にご満足いただいています。






 

―最近はトレーニングマシン関連事業も好調だそうですね。

 

 健康志向の高まりを背景に、最近はフィットネス業界が成長の一途を辿っています。トレーニングマシンは重量がある上に、形状が一様ではなく、多様化が進んでいるため運送業者にとっては取り扱いが困難な品物の一つです。当社では早くからこの事業に乗り出してノウハウを蓄積してきました。トレーニングマシンの運搬だけでなく在庫管理、組立作業、廃棄回収、さらにはフィットネスクラブのリネン配送・回収、各種イベントの会場設営など、運営サポートまで行っています。おかげさまで、この分野ではパイオニア的な存在となり業界1位のシェアを確保していると自負しています。
 

―個人向けのサービスについてもお聞かせいただけますか。

 

 個人のお客様向けにクローゼットルーム(レンタル収納)のサービスをご提供しています。従来、クローゼットルーム事業は東武鉄道沿線の住宅街を中心に展開しておりましたが、多様化するお客様のニーズにこたえるため、2016年2月に渋谷区の初台に都市型のクローゼットルームをオープンしました。防犯カメラや最新の機械警備システムを備え、出入りは24時間365日可能。高品質なセキュリティとワンランク上のデザインで、「安全」、「安心感」に加え「ラグジュアリー感」をご提供できる空間を実現させました。名称は 「グラン クリュ 初台」といいます。「グラン クリュ」は最上級のワインを醸造するブドウ園を意味するフランス語です。設備・備品の選定にあたっては複数社によるプレゼンテーションを行い、間仕切り工事はトランクルームの実績を持つ金剛製品を採用いたしました。

“真のビジネスパートナー”を目指して

 
 東武デリバリー様の強みは徹底したお客様中心主義。新しい倉庫には、お客様の大切な資産を守るためのセキュリティに対する考えが隅々まで徹底されているだけでなく、提供するサービスひとつひとつにその強みが活かされていることがよくわかりました。「倉庫・物流」という起点と、その先にあるお客様にとっての「安心・安全」という終点。その二つをいかに繋ぐかが東武デリバリー様のサービスの真髄なのだと感じました。「“真のビジネスパートナー”を目指して」。経営理念に偽らない真摯なお考えを垣間見させていただいた気がします。
 

取材日:2018年2月1日

Photo Gallery

担当営業より一言


 今回の半年間にわたる移転作業の中で、当社は棚の施工という役割を担わせていただきました。当社が組み上げた棚に東武デリバリー様が次々に荷物を入れていくという追いかけっこです。通常は棚の施工の方が速いのですが、東武デリバリー様はその手際がとにかく良くて。追いつかれないように毎日が冷や汗の連続でした。最終的には、お約束した棚の施工納期を前倒ししてなんとか「逃げ切る」ことができ、胸をなでおろしました…。東武デリバリー様のプロの仕事ぶりを目の当たりにした次第です。

金剛株式会社営業本部東京支店営業六チーム 大森 善弘