お問合せ・資料請求はこちら
 
KONGO
お問合せ・資料請求はこちら
 

製品TOP | 展示什器 | 展示什器の設計方針
 

展示什器の設計方針

収蔵庫の提案にあたり、次の設計方針を基本とします。

ミセル+マモル+ツカウ

【ミセル】
鑑賞環境

鑑賞性:ガラスは高透過ガラスを使用します。要求に応じて低反射フィルムを採用、映り込みの低減を追求し、鑑賞の快適性を確保します。

快適性:照明器具はLED照明または紫外線防止型蛍光灯を採用し、照明環境による収蔵品への保護をはじめ、鑑賞の快適性を確保し展示空間の演出を図ります。

【マモル】
ケース内環境

気密性:エアタイト仕様は気密性の維持とケース内の清浄環境の維持を図ります。ノンエアタイト仕様はケース内の保存環境について、施設全体の空調設備・空調制御が重要と考えます。

安全性:文化財汚染ガス放散抑制処理(NANO Vコート)を採用することで、内装下地合板から揮発する有害物質を抑えます。仕上げクロスは有害物質を出さない100%天然素材の布クロスを採用します。置き収蔵品の地震対策は、小型免震台(阪神淡路大震災レベル対応)をご提案します

【ツカウ】
使い勝手・メンテナンス性の追求

操作性:ケース内のガラス扉の開閉は手動タイプとし、軽い操作で開け閉めを実現します。壁面ケースでは複数の作業で入り口を設け作業性を確保し、展示品の出し入れ作業時の使い易さを考慮します。

作業性:展示設備の上部・下部の各種メンテナンスを要する部位については、作業性を考慮した設計にします。小型免震台では持ち運びを容易にした専用の取っ手や保存箱をご提案します。

 

文化財公開施設の計画に関する指針 [展示室・展示ケース]

 

外光の入る間口部は、原則として設けない。
閲覧者の出入等により、展示室が著しい外部環境の影響を受けることがないように設計する。
収蔵庫と同一の保存環境を実現するとともに、防犯上からも展示ケースの使用が必要である。展示ケースの設計については、以下の点に留意すること。
展示物の大きさや展示作業上の安全性、機能性及び耐震性をこうりょして設計する。
ケース内の温室度調整法にはおおむね次の方式があるが、環境や施設計画、将来の管理・運営を十分に考慮した上で、採用することが望ましい。(調湿剤使用方式・空調方式・自然換気方式)
展示ケースのガラス等は、十分な強度を持ったものを使用する。また、地震等の災害や不慮の事故を考慮して、張り合わせガラス等を使用することなどは有効である。
移動ケースは、重心の位置を低くし、横すべりなどの防止対策を講ずる必要がある。
文化財公開施設の計画に関する指針 /平成7年8月 文化庁文化財保護部 より抜粋