お問合せ・資料請求はこちら
 
KONGO
お問合せ・資料請求はこちら
 

製品TOP | 移動棚をご検討の方へ | アンカーレス移動棚
 

移動棚をご検討の方へ

移動棚をご検討の方へ

 
移動棚の特性や基本構造・収納例
レール施工プランやレイアウトをご紹介します。
 

 

アンカーレス移動棚

床へのレール工事不要(アンカーレス)

 
アンカーボルトによる床固定は必要としません。
床を傷つけることなく設置できます。

床への荷重負担を軽減

 
900㎜ピッチのレール間隔により等分布荷重を実現しました。 
 

フレキシビリティ

 
レイアウト変更にも対応します。ユニットの増減ができますので連数の増減にも対応可能です。また分割して移設の対応も可能です。

フロアユニット

 
レール、スロープに特殊アルミ合金を採用しています。サビに強く、耐久性にも優れています。
 

フロアユニットには、レール・ライナー・スロープ(片側)・フロアパネル(床板)・エッジカバー・エンドストッパーが含まれます。

アンカーレス移動棚のフロアユニットの等分布荷重の考え方

 

<自立棚の場合>通常、自立棚の床荷重を検討する場合、グリーンで示した棚の範囲500㎜の領域も荷重負担するものとし、有効面積として等分布荷重にて算出します。

<アンカーレス移動棚の場合>アンカーレス移動棚は900㎜間隔で設置されたレール上に棚支柱が立っているので、自立棚と同じく等分布荷重にて算出できます。棚の集密時をひとかたまりに考えます。


<通常の移動棚の場合>
レールは900㎜又は1800㎜間隔となります。支柱からの棚荷重に耐えるため台枠が強固な構造となります。レール本数が少ない分、レールへの荷重負荷も大きくなります。

<アンカーレス移動棚の場合>
レールは900㎜ピッチで均等分布となります。レール軌道上に支柱が直立しており、台枠部への荷重負荷が小さくなります。両端部のレールから+500㎜も荷重負担の領域とします。

アンカーレス移動棚CSBL
アンカーレス移動棚CSK
アンカーレス移動棚CSLS
アンカーレス移動棚TLZ