お問合せ・資料請求はこちら
 
KONGO
お問合せ・資料請求はこちら
 

製品TOP | 収蔵庫設備 | 収蔵庫扉
 

収蔵庫扉

災害や盗難から収蔵品を守る

 

前室・収蔵庫には収蔵庫扉を設けます。収蔵庫扉は、耐火性・防湿性・防盗性の3つの機能を備えています。 

 

  1. 耐火性:耐火材を充填した構造により、火災時に庫内の温度を80℃以下に抑えます。耐火時間は2時間と30分の2タイプです。(日セフ連規格 合格品)
  2. 防湿性:防湿パッキン等により、庫内への湿気や熱気等の侵入を防ぎます。
  3. 防盗性:運用面を考慮したセキュリティシステムを採用し、盗難を防止します。

 

 
 
災害や盗難から収蔵品を守る収蔵庫扉

収蔵庫扉の選び方

 
収蔵庫出入り口扉が建築基準法施行令112条に規定される防火区画に当てはまる場合、特定防火設備で区画する必要があります。当社収蔵庫扉はすべてこの特定防火設備に準じています。また、2時間耐火扉、30分耐火扉においては日セフ連の耐火性能の合格基準規格を満たしております。収蔵庫扉の選び方については下記の通り参考資料をご用意しましたのでご参照ください。

標準仕様表

収蔵庫扉の基本仕様

[正面側の仕様]
 
収蔵庫扉 正面側仕様
 
 

 

丸ハンドル(2時間耐火扉)正面
 

丸ハンドル(2時間耐火扉)

閂の出し入れは解錠後のハンドルの手動操作にて行うことが可能となります。(自閉装置は閂の操作と直結していません。) 

 
 
グレモンハンドル(30分耐火扉)正面
 

グレモンハンドル(30分耐火扉)

閂の出し入れは解錠後のハンドルの手動操作にて行うことが可能となります。(自閉装置は閂の操作と直結していません。)

電磁レリーズ
 

電磁レリーズ

扉を開いた状態で止めることができます。防災設備と連動させることで、自動解除しドアを閉鎖します。手動解錠も可能です。※床に受金物の埋設工事が必要です。

 

オートヒンジ (自動閉扉装置)
 

オートヒンジ

(自動閉扉装置)
常時、自動的に扉を閉じる装置です。防火区画に扉を設置する場合は閉扉状態が必須のため設置します。建築基準法欄参照 

床差フラット機構
 

床差フラット機構

庫内と庫外の床差をなくすことで、つまづき防止や台車のガタつきが軽減されます。

[裏側の仕様]

 

収蔵庫 裏側仕様
 
 

丸ハンドル(2時間耐火扉)裏側
 

丸ハンドル(2時間耐火扉)

片側扉のみに設置します。

 
 

ローラー付きグレモンハンドル(30分耐火扉)裏側
 

ローラー付きグレモンハンドル(30分耐火扉)