KONGO 施設カタログ vol.9-2
89/324

&%KONGOFACILITYPLANNING出納ステーション(木製パネル・オプション) ◎停止ボタン ◎コンテナ回転ボタン ◎作業完了ボタン ◎表示灯(オプション) ●C作業PC&タッチパネル、   小型プリンター ●B図書IDスキャナー   (ICタグ・バーコード)&厚さ計測 ●A出納口 実際の運用では1個のコンテナへ複数の図書を連続で格納したり、複数の図書を取り出したりといった様々な運用があります。出納ステーションでの回転は極めて実作業に適った仕様です。 お客様の声 図書資料は図書館にとって大切な資産。自動化された閉架書庫の中で図書資料が行方不明になったら大変です。不明本に時間とコストをかけずにすみます。 お客様の声 出納作業の作業性 ミッシング(図書行方不明)防止機能 出納口巻き込み防止機能 エラー表示、アラーム警音機能 図書をコンテナへ格納する場合、回転ボタンを押すと、コンテナは回転し、手前の収納スペース(片面)だけではなく、両面の格納が可能です。 呼び出したコンテナの奥側にも空きスペースがある場合、図書のサイズを気にすることなく、格納できます。 図書をコンテナへ格納する際、バーコード(もしくはICタグ)を読み取らずに格納した場合、アラームを表示します。人為的なミスを未然に防止します。 コンテナが回転中に万一、手を入れた場合、センサーが感知し、緊急停止します。 各種エラーを表示およびアラームを警音させ、利用者に知らせます。 作業モニターでの主なエラー表示 コンテナ 180°回転 巻き込み防止 センサ ◎図書ID(バーコード・ICタグ)の スキャン忘れ(図書の行方不明防止) ◎図書取出し間違い ◎格納図書の高さ超過 ◎回転中の巻き込み防止 など約30種のエラーメッセージとガイダンスを表示し、安全に使いやすくし、作業者の図書の確実な出納作業をサポートします。 ※コンテナ到着および警告 出納ステーション(スチールパネル) サービス体制 ●リモートメンテナンスシステム・遠隔監視体制 システム機器を適切に稼働・維持していくには、保守契約が必要になります。 保守メニューがありますので、お客様に応じてご提案します。 遠隔にてシステム状態の監視およびソフトの保守、 ハード故障箇所の特定など、迅速な対応をします。 専門スタッフがサポートします。 モニタリングセンター東京 モニタリングセンター熊本 カウンター 書架 閲覧 什器 ICT 什器 学習室 什器 児童 什器 閉架 什器 サイン 図 図書館 什器 表示灯(オプション)

元のページ  ../index.html#89

このブックを見る