KONGO 施設カタログ vol.9-2
84/324

KONGOFACILITYPLANNING& 積層書架は鋼製書架の支柱を利用して、鋼製床を張り、その上に書架を配置していくものです。 積層書架の採用が建屋におけるコンクリートの厚いスラブや梁、柱などがなくなり、スッキリとした書庫を形成することが可能となります。 123利用者の要求に応じて速やかに対応できる。 図書や資料の長期大量保管ができる。 図書や資料保管に、最適な保存環境を保持できる。 積層書架は、空間の収納効率を高め、収納面積を節減し、 建屋への建築コストを軽減できる書庫設備として、多くの図書館に採用されています。 書庫室建築の際、次のような事項に配慮されます。 嘉穂町立図書館(福岡県) 積層書架 ■壁面とのとり合い(壁負担構造) 周囲梁 床板 後施工アンカ- 床仕上材(別途) 2550■床面とのとり合い 支柱化粧板 支柱 後施工アンカ- ベ-ス ライナ- レベル調節用ライナ- 1201255010050ATYPE 固定書架+固定書架 大正大学附属図書館(東京都) 書架の支柱を利用して鋼製床を造り、 これを層として書架を組立てます。 BTYPE 集密書架+固定書架 金武町立図書館(沖縄県) ※設置には条件に応じて詳細打合わせが必要となります。 ◎積層書架のタイプと基本構造 ■壁面とのとり合い(独立構造) 小梁 135(30)■床面とのとり合い 支柱 基礎 t9 ラチス材 ベ-ス 5201251層部の書架を柱とし、2層部に集密書架を 設置しています。レールは1層部書架支柱上に設置します。 カウンター 書架 閲覧 什器 ICT 什器 学習室 什器 児童 什器 閉架 什器 サイン 図 図書館 什器

元のページ  ../index.html#84

このブックを見る