KONGO 施設カタログ vol.9-2
313/324

!KONGOFACILITYPLANNING技術資料 保管 対策 技術 資料 生物 対策 空気質 対策 温度 湿度 対策 資 資料 保存 用品 アンモニア 短期の借用 長めの展示 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5<30ppb <30ppb <30ppb 30~50ppb 50~100ppb >100ppb >100ppbホルムアルデヒド <80ppb <40ppb <20ppb 20~40ppb 40~80ppb 80~120ppb >120ppbギ酸 <20ppb <10ppb <10ppb <20ppb <20ppb 20~50ppb >50ppb酢酸 <170ppb <80ppb <40ppb 40~80ppb 80~170ppb 170~400ppb >400ppb備考 相対湿度60%以下 相対湿度60%以下 長期収蔵 シーズニング中(夏季) 竣工直後の管理目標 工事直後の管理目標 緊急な改善が必要 ■空気環境調査の測定対象物質―文化財保存空間内装工事における管理濃度・参考値 基準値 ホルムアルデヒド アセトアルデヒド ギ酸 酢酸 アンモニア 対象ガス 80ppb(100μg/㎥) 30ppb(48μg/㎥) 10ppb(20μg/㎥) 170ppb(430μg/㎥) 30ppb(22μg/㎥)主な発生源 内装材 内装材 防腐剤、抗菌剤 防腐剤、接着剤 コンクリート、塗料、入館者 ■空気環境調査の測定対象物質―目安としての上限濃度― 引用:東京文化財研究所のウェブサイト及び『博物館資料保存論-文化財と空気汚染』佐野千恵、呂俊民、吉田直人、三浦定俊著     みみずく舎(P.66 表3.6空気質の望ましい基準値) 引用:引用:『博物館資料保存論-文化財と空気汚染』佐野千恵、呂俊民、吉田直人、三浦定俊著    みみずく舎(P.55 表3.2アンモニア濃度と臭気強度) 引用:『博物館資料保存論-文化財と空気汚染』佐野千恵、呂俊民、吉田直人、三浦定俊著 みみずく舎(P.41 表2.7管理目標値) ※文化財保存空間での空気環境調査は、測定時の諸条件の影響を受けやすい傾向があります。金剛では、上記の表3.6の基準をベースに上記数値を管理基準値と定めています。 ※重量濃度(μg/㎥)から体積濃度(ppb)への換算は室温約22℃を想定 におい 1 2 2.5 3 3.5 4 5臭気強度 やっと感知できるにおい 何のにおいであるかわかる弱いにおい らくに感知できるにおい 強いにおい 強烈なにおい アンモニア濃度 0.15ppm 0.59ppm 1.2ppm 2.3ppm 4.6ppm 9.2ppm 37ppm■アンモニア濃度と臭気強度 住宅環境で人体へ健康被害を及ぼす化学物質を対象に制定された指針値 収蔵品への汚染被害を対象に、推奨されている濃度の目安値 ホルムアルデヒド アセトアルデヒド トルエン キシレン パラジクロロベンゼン エチルベンゼン スチレン 100μg/㎥ 48μg/㎥ 260μg/㎥ 870μg/㎥ 240μg/㎥ 3800μg/㎥ 220μg/㎥(0.08ppm) (0.03ppm) (0.07ppm) (0.20ppm) (0.04ppm) (0.88ppm) (0.05ppm) ■室内濃度指針値 厚生労働省室内濃度指針値(平成18年1月現在) テトラデカン クロルピリホス フェノルブカルブ ダイアジノン フタル酸ジ-n-ブチル フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 330μg/㎥ 1μg/㎥ 33μg/㎥ 0.29μg/㎥ 220μg/㎥ 120μg/㎥ (0.04ppm) (0.07ppb) (3.8ppb) (0.02ppb) (0.02ppm) (7.6ppb)

元のページ  ../index.html#313

このブックを見る