KONGO 施設カタログ vol.9-2
186/324

KONGOFACILITYPLANNING&"収納環境改善装置 マルチクリーン 収納・保存環境に不安はありませんか? ■世界各地のクライモグラフ !! ! −#$%&'##""$$%%&&'' !"#$%&'気温 [℃] 相対湿度[%] 東京 ロンドン ニューヨーク 乾性カビ 虫 湿性カビ 日本の平均的気候は5~10月を中心にカビの発生しやすい危険領域にあり、諸外国に比べ生物劣化が起こりやすい環境にあります。生物劣化を引き起こす高温多湿状態における収納物を、いかに最適な保存環境に保てるかが重要なポイントとなります。 ■カビ毒とは 書庫や収蔵庫で実際に検出された健康に害を及ぼす主な菌 マイコトキシン(Mycotoxin)とも呼ばれ、カビの代謝産物の中で人間及び温血動物に病変または異常な生理作用を与える物質の総称です。 写真引用 高島浩介:「一目で分かる 図説かび検査マニュアル」(テクノシステム) 高温多湿な日本の気候 書庫や収蔵庫の環境を見てみると 日本の気候を見てみると 収納空間に見られる問題点 アスペルギルス オクラセウス (Aspergillus ochraceus) アスペルギルス バーシカラー (Aspergillus versicolor) ペニシリウム エクスパンザム (Penicillium expansum) 次項のような症状を起こす可能性があります。 ●臓器出血・造血障害(白血球減少症等) ●発情症候群(外陰部・乳腺肥大)・流産 ●日和見病原性(トリコテセン系カビ毒) フザリウム属(Fusarium) ペニシリウム イスランジクム (Penicillium islandicum) 書庫や収蔵庫で検知された健康や保存に害を及ぼす酸性・アルカリ性の主な汚染物質 アルカリ性汚染因子 酸性汚染因子 ホルムアルデヒド アセトアルデヒド アンモニア ギ酸 酢酸 変色・劣化を助長する。 金属へ錆を誘発する。 金属の錆やフィルムの劣化を誘発する。 酸性・アルカリ性物質と反応し 劣化を助長する可能性がある。 臭気等により不快感を与える。 ― ― シックハウス(室内空気汚染)の 問題を発生させます。 収蔵物 人 問題点 1ダニやカビ等によるアレルギー性疾患への 潜在的恐怖 アレルギー性疾患はカビやダニ、花粉などが体内に取り込まれることによって引き起こされますが、カビやダニを殺しただけでは、死骸や糞などが空気中に漂うこととなり、根本的な解決にはなりません。 健 康 2問題点 収納物へのカビ等による生物劣化の現状 カビは胞子の状態で空中を飛散しており、これが収納物などに落下付着し、湿度が高くなると発芽します。生長した菌糸からは酵素が分泌され、この酵素分解反応によって材質がもろくなるなどの劣化現象が顕在化します。これには温暖湿潤な日本の気候風土が大きく影響しています。 保 存 3問題点 臭いにも色々ありますが、特に悪臭物質とされているものはごく微量であっても感知でき、人によって不快に感じるなど、メンタルな部分に影響を与えることもあります。また、酸性・アルカリ性を示す臭気成分は収納物の劣化を助長します。そこで臭いの元を断ち、臭気成分を処理する事が重要になります。 悪臭・有害ガスによるヒト・モノへの影響 臭 気 現在、一般の図書館・資料館等において資料保存環境の改善を目的とした空調機の設置が普通になってきました。 しかし、その一方で下記のような問題が顕在化しています。 室内空調機では不完全であった 棚内部の環境対策が重要です。 ●1空調機の多くは温度の調節が主体で、相対湿度の面からみれば、棚内に急激な湿度変化を作り出していることがあります。 ●2湿度調節機能を備えた空調機でも、室内及び棚内の部位によって温湿度環境の違いがあり、保存環境条件に差異が生じていることがあります。 ●3閉館後に空調機が止められることが多く、それに伴い急激な湿度変化が起こり、収納物は大きな劣化の影響を受けることになります。 ●4建物の気密性の向上や冷・暖房の普及により、夏期だけでなく冬期も結露が発生しやすくなり、ほぼ1年中がカビの発生期と考えられます。 ●5空調機の利用状況やメンテナンスが不十分の場合、空調機内部やフィルター上でカビが増殖し、空内に胞子が放出される危険性があります。 ●資料に対する安定環境の維持 温度・湿度の急変を避けること。特に高湿度は生物劣化(カビ・虫の増殖)の要因となるので、避ける必要がある。 ●汚染物質の除去 空気中の汚染物質が、収納物に付着すると生物(カビ・虫)のエサとなるので避ける必要がある。 ●資料保存の周辺環境の考慮 資料の保存場所、保存場所の周辺、保存建物の周辺、保存建物の地域。 ●資料活用条件の把握 展示、保管、時期的活用、常時活用。 ●資料保存管理状況の把握 空調設備の有無、空調設備運転期間、保守管理体制。 ●収納物ごとの最適な保存湿度の設定 書籍・紙類の保存については、相対湿度50~65%の範囲内が望ましい。 独立行政法人東京文化財研究所 名誉研究員 門倉 武夫 資料保存と環境対策の原則 移動棚 オプション ALL耐火 パネル トランク ルーム マテハン 什器 鉄扉 パレット ラック 長尺資材 ラック 積層棚 中2階 納骨壇 ステンレス 棚 カルテ・ レントゲン フィルム 棚 移動棚 運搬台車 物品棚 書架 デスクラック (ラボ) ロッカー 壁面 収納 耐火 金庫 免震台 免震床 消防署用 ロッカー・ 棚 保 保管 什器

元のページ  ../index.html#186

このブックを見る