KONGO
 
 
 
 
お問合せ・資料請求はこちら
 
KONGO
お問合せ・資料請求はこちら
 

製品TOP | 司書さんのみかた♪
 

司書さんのみかた♪
 
司書さんのみかた♪
 

 
『司書さんのみかた♪』では"現場から発想する商品開発"をモットーに、開発担当者からの情報を発信しています♪

詩乃ちゃん

記事をよむ

『桜』が開花しました!

 2017年3月3日(金)   

 
  
  
  

こんにちは、“司書さんのみかた♪”
 シリーズ担当です。
  今日は三月三日、『雛祭り』ですね♪
 
突然ですが、『桜』 が開花しました!
業者様よりいただいた鉢植えの桜です。
一足早い春を本社工場2階より
お届けします^^
(バックは“すじ雲”と“くまモン電車”です♪) 
 
ところで皆さま『菱の実』って
ご存知でしょうか???
雛祭りの『菱餅』の白い部分には
古くは『菱の実』が使われていたそうです。
 
『菱の実』自体も知らなかったので調べてみると水生植物の果実で、昔は日本各地の池や沼に自生していて食用としての歴史も古く、万葉集のなかでも詠まれていました。
 
『君がため浮沼(うきぬ)の池の菱摘むと我が染めし袖濡れにけるかも』
『豊国の企救(きく)の池なる菱の末(うれ)を摘むとや妹がみ袖濡れけむ』
 
ちなみに食感は栗と似ていて、
栗より水分が多いことから
『ウォーターマロン、水栗』の別名も。
 
蓬(よもぎ)の緑、クチナシ(山梔子・梔子)の実の赤、菱の実を使った古の『菱餅』を作ってみたくなりました♪
 
※ 余談になりますが、『菱の実』は、忍者が
  逃げる途中に用いる道具のひとつ、
  撒菱(まきびし)に使われていたとか
  (^^)
 
『書架バリア』 は様々な趣向を凝らした書架展示に取り組んでいらっしゃる図書館の皆様からの要望で開発しました。
ご覧のとおり棚板の前面をアクリルの板で覆っているだけですので、実は、上から手を入れると展示物に触れてしまいますが、利用者の方に触れてほしくないという意図をソフトに伝えることができます。
  
 
 
 
 

『書架バリア〜^^』
 バレンタインバージョンです♪

 2017年2月3日(金)   

       

今日は 『書架バリア』 のバレンタインバージョンの紹介です!^^
『書架バリア』 は様々な趣向を凝らした書架展示に取り組んでいらっしゃる図書館の皆様からの要望で開発しました。
展示ケースの様にはいきませんが、利用者の方に触れてほしくないという意図をソフトに伝えることができます。
ご覧のとおり棚板の前面をアクリルの板で覆っているだけですので、実は、上から手を入れると展示物に触れてしまいます。 
 
ところで先日熊本市内の大学図書館内で開催されたイベントに参加してきました。
イベントの前に図書館内を見学させていただいたのですが、自分がお世話になった二十数年前の某大学図書館とは全く違い、館内の色々なところで本の紹介や新聞記事の紹介などをされていて、とても知識欲を掻き立てられました!こんな図書館に学生時代に出会っていたら……。
さて、その中でも特に個人的に特に目に留まったのは、本の帯を利用した立体的な展示です。
帯を本から外して端と端をセロハンテープなどで留めると正三角形に近い形になりますが、その帯の向きをずらしながら重ねて本と一緒に紹介、展示をされていました。本当によく出来ていて、販売促進用につくられたグッズのようにさえ見えました!
また、帯はただ重ねているだけではなく、くずれたりしないよう中心に針金を立てて、その針金と最上段、最下段を上手に固定していました。そういったひと手間が図書館を魅力的にしているのだとおおいに実感した次第です。
(ポストイットで再現してみました)
 

『書架バリア〜^^』
 正月バージョンです♪

新商品 2016年12月28日(水)   

いよいよ年の瀬も押し迫って参りました。弊社は今日で仕事納めでした。
 
ところで“よいお年を”という挨拶の意味、皆さまご存知でしょうか?
実は私もよくわからないまま使っていたのですが、先日教えていただきました。
 
神様という神様がいらっしゃいます。
神様は除夜の鐘とともに各家からお帰りになられ、年が明けると交代された歳神様が来られます
・門松は神様が各家にやってくるための目印で、鏡餅は神様へのお供え物になります。
 
“よいお年を”とは
 
 『どうぞ「よい歳神様」をお迎えされ、
 来る年が「よい年」になりますように。』
 
という意味の込められた挨拶だと知りました。
 
皆さま、今年も大変お世話になりました。
「よいお年をお迎えください♪」

『書架バリア〜^^』
 クリスマスバージョンです♪

新商品 2016年12月26日(月)   

   

8/1に発売開始した 『書架バリア』 は様々な趣向を凝らした書架展示に取り組んでいらっしゃる図書館の皆様からの要望で開発しました。
 
展示ケースの様にはいきませんが、利用者の方に触れてほしくないという意図をソフトに伝えることができます。
ご覧のとおり棚板の前面をアクリルの板で覆っているだけですので、実は、上から手を入れると展示物に触れてしまいます。 
 
そんな『書架バリア』のクリスマスバージョンの紹介です!(遅い!)
スノースプレーと小物を使ってショーウインドウみたいに飾ってみました。
普段は展示物を目立たずやんわりとガードしていますが、クリスマスの演出には一役買いました♪  (ちょっと勘違いをしていて更新のタイミングが遅れてしまいました(^^;)

図書館総合展
 2016フォーラム in 大分
            いってまいりました♪

新商品 2016年9月9日(金)   

 

台風による影響の心配もありましたが、9/5(月)に開催された『図書館総合展2016フォーラム in 大分』にて“書架ミラー”を配布してまいりました♪
 
金剛ブースまでお越しいただいた皆さま、
ありがとうございましたm(_ _)m

  
  

 
 
当日は台風一過の澄んだ青空のなか、大分県立図書館を会場に開催されました。
 
 
最初の写真は、会場となった大分県立図書館を含む“豊の国情報ライブラリー”です。
右手が大分県公文書館、左手奥が大分県立先哲資料館になります。
 
 
 
最後の写真は府内城跡に復元された廊下橋、ガラス張りの高いビルが大分合同新聞社、右手のコンクリートの建物は旧大分県立図書館、現在は大分市アートプラザとなっています。
 
 
どちらの図書館も大分市出身の建築家、磯崎新アトリエによる設計です♪


図書館総合展
 2016フォーラム in 大分♪(^^)

新商品 2016年8月26日(金)   

 
書架バリア

 
9/5(月)に開催される『図書館総合展2016フォーラム in 大分』にて限定100個“書架ミラー”をお配りします!
 
是非、お名刺をご持参のうえ金剛ブースにお立ち寄りください♪ (^^)/ 


書架バリアのバリア効果~~(`・ω・´)

新商品 2016年8月19日(金)   

 
書架バリア

 
書架バリアは展示物へのイタズラ防止対策です
触られたくない書架の展示物を前面のアクリルの板で保護してくれます (´O`)b
 
アクリルの板があることで利用者に触れて欲しくないと感じてもらえます。実際に図書館で試していただいた時に展示物に触られたり小物を移動されたりすることがなくなったとコメントをいただきました


書架ミラー、取り付けました♪

新商品 2016年8月10日(水)   

 
書架ミラー

 
書架ミラー、実際に取り付けました^_^
こんな感じでうつります。
次回は動画アップの予定です♪
 
『司書さんのみかた』シリーズについてのご質問やお問合せはこちらから。
[パソコン] https://www.kongo-corp.co.jp/inquiry.cfm
[スマホ] https://www.kongo-corp.co.jp/inquiry-r.html


最上段の本もよ〜く見える!書架ミラー

新商品 2016年8月1日(月)   

 
書架ミラー

 
閉架書架の最上段、本が倒れていたら見えませんよね^_^
お客様に頼まれた本を取りに来た司書さんが、歩きながら本を確認できるアイテムをつくりました。テープも糊も必要ありません。段ボールを組み立てて、樹脂ミラーを差し込み、粘着付きマグネットでペタッと最上段に取り付けるだけでOKです♪ 
 


『司書さんのみかた♪』記念すべき第1号!書架バリア

新商品 2016年8月1日(月)

 

 
最近多くの図書館で書架を利用した展示をされていますよね^_^
地域の活動や情報の展示、季節ごとにテーマを掲げて…など内容も様々です。
そんな展示の企画をされている司書さんからの要望をもとに作りました。工具いらずで取り付けられて、展示物の保護ができます♪